ユーザーにとって価値あるサービス体験を徹底的に作る

須田 乙羽

OTOHA SUDA

株式会社Zaim

デザイナー

interview

千葉工業大学デザイン科を卒業後、大学院に進学。大学院を中退し、Zaimに一人目のデザイナーとして就職。現在はコンシューマ領域において、アプリ新規登録後の体験改善などをメインに行っている。

これまでのキャリアについて教えてください

大学のデザイン科でデザインを学び、そのまま大学院に進学しました。しかし、途中でもっと実践的なことをやってみたいと思い、就職することを決めて大学院を中退しました。

Zaimとの出会いは、就活を開始して間もなく、Zaimからスカウトされたことがきっかけです。私自身もともとZaimのユーザーだったので選考を受けてみることにしました。

その時、最初の面接をしてくれたのが閑歳(Zaim代表取締役)だったのですが、「面接官が評価をする」というスタンスを全く感じなかったんです。これは、面接をした別のメンバーも同じで「一緒に働く仲間を探している」というトーンで、学生の私にも対等に向き合ってくれていると感じました。

また、「お金の面から一人ひとりに寄り添い、行動を変える」をミッションに、お金を使った先にある社会や体験を作ろうとしているコンセプトに惹かれ、入社を決めました。

須田さんは、Zaim一人目の専任デザイナーなんですよね

はい。自分のこれまで学んできたデザインの力を試せると思い、とてもワクワクしました。当時社内にデザインを専門とした職種の人はいませんでしたが、閑歳をはじめ開発メンバーは必要とあらば独学でガツガツとデザインについて学んでいたので、そうしたチャレンジ精神が浸透する組織も魅力的でした

入社後、思い入れが強い業務はどんなことがありましたか

家計簿サービスZaimのペルソナ設計です。

もともとは、ユーザーの行動を可視化して、個別の画面ではなく全体の体験としてどこに問題があるかを見つけ、サービス作りに生かすためのUXマップの作成の話がきっかけでした。

その際に「誰にとって便利なサービスであるか」を考えるために、ペルソナを刷新したいと考え、データサイエンティストとの連携や、ユーザーインタビューなどを進めていきました。

設計したことで、デザインレビューをする際に、「ユーザー体験が損なわれてないか、ユーザーの目的は達成できているか」という視点が強化されたように思います。

また、社内でも広くペルソナが共通言語として浸透し、ユーザーの利用目的とZaimの価値提供、どちらも実現するためにスタッフ同士で議論できる土壌が改めて整ったことは、みんなにも喜んでもらえました。

自分の作ったデザインと、自分の人格は切り離して考える

日々の業務で意識していることはありますか

大きな成果を出すことは大事ですが、その過程の中でちょっとしたミスも見逃さないということですね。何かを成し遂げるために突き進もうとすると、自分では気づかないちょっとしたことが、後々大きな影響をもたらすことがあると思っているので、そこは自分一人だけでなく、常に様々な人から意見をもらうように意識しています。

一方で、まだ入社したてだった頃の私は、色々な人から意見をもらうことで、全ての意見を吸収しすぎているところがありました。デザイナーはアウトプットが常にあるので、時には厳しい意見もあり、落ち込んでしまうこともありました。

そんな時に、当時のマネージャーから言われた「周りからの意見は、須田さんという個人の人格ではなく、あくまでアウトプットに対する評価だから、うまく切り離すことも大切だよ」という言葉は衝撃的でした。

それからはレビューやアドバイスを客観的に受け止められるようになり、今では多くの意見を聞くことでデザインの質が上がることが本当に楽しいです。率直な意見を聞くことで、なぜそう考えたのかという相手の思考を掘り下げるように意識しています。

「どんどん自分を棚にあげよう」と先輩に言ってもらえたことで、気持ちが救われた

入社後に悩んだことなどはありますか

入社当初は、私のような新卒社員が社内の先輩に対して色々と意見を言ってもいいのか、少し不安がありました。

そんな時、エンジニアの先輩から、「レビューをする時はどんどん自分を棚にあげよう」と言われたことで、とても救われました。自分ができていないのに偉そうに意見できない……と思ってしまうと、お互いに意見する機会が減って成長するチャンスが無くなってしまうんですよね。私なりにどんどん意見を言って欲しいという、メッセージだと受け取りました。

逆に相手に意見を言われた時も、相手はできてるのか?という粗探しみたいなことはしません。

私だけでなく、Zaim 全員が同じスタンスでそれぞれのレビューを行っています。デザインや機能だけでなく note などブログや、プレスリリースなどもレビューが活発に行われます。コミュニケーションをとる上で高い心理的安全性があるからこそできることかなと感じます。

デザインの面からユーザーに価値ある体験を提供し、自分のバリューを発揮する

デザイナーとして、どんなバリューを発揮したいと思いますか

「Zaim」ユーザーの目的達成、またはそれ以上の体験をデザインで作り、自分なりの価値を出したいと考えています。

現在のZaim は、家計管理へのモチベーションが高い人にとって、多彩な分析ができる嬉しいプロダクトです。

一方で、日々の暮らしだけでなく、そもそもいつまでにいくら貯金が必要なのか、グラフを見ても家計のどこを改善したら良いかわからない、という方にとっては、まだまだ改善の余地があると思います。

そういったユーザーの気づきや、行動につながるような体験を提案していきたいです。

このように考えるようになった、きっかけは大学時代です。私は美大ではなく工業大学のデザイン科だったので、先生方にはいつもこう言い聞かされてきました。

「美大の人には、見た目的なアウトプットの質では敵わないので、その分体験的な価値を生むデザインを作って君たちはバリューを発揮するんだ。」

その当時は、正直あまり腑に落ちてなかったため、表面的な表現で周りと差をつけることや、いかに「映える」モノを作るかばかり気にしていました。

けれど、実際にZaimに就職してみると、マーケティングをメインの職種にしながらデザインをする人や、閑歳のように社長でありながらプログラミングもデザインもする人たちに出会い、デザインの専門ではないけれど、それぞれ目的にあったものを作ることで他の人以上にバリューを発揮する人がたくさんいることに衝撃を受けました。

特に、私たちが提供するのはアプリがメインで、ユーザーがいてこそ成り立つサービスです。そのため単純に見た目として美しいだけでは全くダメで、Zaimとしてユーザーにどう価値提供できるかの答えを考えられることが一番なんだと今でも強く意識しています。

お金に抵抗感のない世界を作る

今後はどんなことに挑戦したいですか

お金に抵抗感のない世界を作りたいと思っています。

前に、キャッシュレス還元マップという、キャッシュレスサービスが複数普及する中で、どのサービスが一番還元率がいいのかを可視化するようなツールを作成しました。

便利なはずのキャッシュレスサービスでさえ、数が多すぎて一般の方は混乱気味という声を当時は多く聞きました。お金って、難しい知識が多いジャンルなんですよね。

そういった時に、少しでもユーザーにとって抵抗感なくお金について知ることができる機会を増やせたらとてもいい体験だと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか

アイディアを、積極的に発信できる人です。
Zaimでは、一人のアイディアが、新しいサービスや機能の開発につながるシーンがとても多く、今後も多くのアイディアを生み出すことでサービス価値を高めたいと思います。

それに、アイディアを自由に出せるカルチャーなので、周りに受け取ってもらいやすい環境です。常に、対等な目線で指摘をしてくれる先輩がたくさんいるので、年齢やキャリアを問わず、お互いに刺激する関係がZaimのいいところだと思います。

ぜひ、一緒にそういった方とユーザーへの価値を議論しながら働きたいです。